私たちには本来、生態機能のバランスを保ち、いつも健康を維持しようとする働きがあります。これを自然治癒力あるいは恒常性維持能力と言います。

漢方とは古代中国の医学を日本流にアレンジしたものです。漢方の効果や安全性が科学的にも実証され、現代医学でも積極的に取り入れられています。

漢方では体調が悪くなることを「身体のバランスがくずれる」といい、漢方薬で身体のバランスを整えて自然治癒力を高め、1番いい状態を作ることを目指します。西洋薬では病名を決定することから始まりますが、当店ではその人の体質や体力、その時の状態を総合的に判断して決定し、あなたに合った漢方薬をお選びいたします。

五蔵六腑の考え

五臓とは、「心(しん)」「肝(かん)」「脾(ひ)」「肺(はい)」「腎(じん)」の五種。

六腑とは、「胆(たん)」「胃(い)」「大腸(だいちょう)」「小腸(しょうちょう)」「三焦(さんしょう)」「膀胱(ぼうこう)」の六種の臓器の総称です。

蔵は精神、血気を貯蔵する充実した器官で、腑は水や穀物を消化し、体液を動かす器官です。

これらの臓器のバランスがくずれると不調になります。

身体全体のバランスを整え、体質改善をしていきましょう。


体質改善のご提案


・のぼせ、イライラ、怒りっぽい→気の上衝

・気力、食欲がない→気滞の症状

・肩こり、冷え、顔色が悪い、→血滞の症状

・めまい、むくみ、口の渇き→水毒の症状

 

・手足などの末端が冷える

・顔色が青白い

・すぐにお腹が痛くなる

・何日もお通じがない

・便秘のせいでふきでものが出る

・ストレスを感じやすい

 


貴方の血液は大丈夫ですか?


ご存知ですか?血液は120日で変り続けています。

また、人の身体の全体を一巡するのに双血管の10万キロを1分弱で1周するのです。

そして身体を動かす力の65%は血液がその大役を担っているのです。

その血液を正常にすることは、心臓病・脳卒中・血流異常・腎臓病・糖尿病・胃腸病・皮膚・不妊・肥満などすべての病気が関与しています。

先手必勝!「未病」のうちから漢方薬で病気知らずの身体に


一生病気にならずに過ごせたら理想的・・・ですが、ほぼすべての人はそうはいきません。

しかしそれを求めているのが漢方や中医学です。

中国では2千年以上前から、「未病」といわれるまだ病気にならない段階で身体を回復させるのが、最高の医療を考えられてきました。

普段から薬や、薬になる食物を摂って「病気にさせない」という先手必勝の考え方です。

病気になって治療する西洋医学とは考え方が根本的に違います。

ほとんどの人が「薬」は病気になってから飲むもの、という習慣があると思いますが、病気知らずの身体で過ごせるよう、漢方薬を毎日の習慣として是非活用してください。

その他さまざまな体のツラさに悩んだらご相談ください。

漢方総合相談の予約をする

0120-398-879

お客様の感想

私は、十数年前にガンを患い、また昨年3つのガンの告知を受け手術を受けました。

一時は自分が自分でなくなってしまうような時もありましたが、今は心身ともに快復に向かっています。

病気とは「気が病む」病気が表れるのは体ですが、病気になることによって心も病んでしまうのです。

特にガンというものは、やはり死を考えずにはいられないものですので尚更です。

とはいえ、家族にでさえも心配をかけたくないが故に、絶えず自分一人でかかえこんでしまう事もあれば、

病気の事がわからないだけに不安も大きくなることもありますが、なかなか全てを病院の先生に伺うことが出来ないこともありました。

そんな時、山川先生にお話を聞いていただいて、些細なことも相談して漢方薬・自然薬を症状に合わせて選んでいただいた結果、

不安をため込まず、前に進むことが出来たと思います。

病気を患ったら体の治療はもちろんですが、心のケアこそが大切だと思いました。

病気を患ってしまう事は辛いことですが、どう病気と向き合って行くかという事が大事と思ったのと同時に、

病院のお薬だけでなく、自然のお薬がどんなに大事かという事を実感しました。

そういった事で一人でも多くの人が山川先生とのご縁が繋がって、一人でも多くの人が元気にそして笑顔になって下さることを願っています。

そして、私自身も元気に過ごしていきたいと思います。

山川先生、これからも頼りにしていますので、お元気でいてください。

 

山川薬心堂

〒310-0913 茨城県水戸市見川町2563-239

TEL   0120-398-879(フリーダイヤル)